冬の贈物 ママンチュール三点セット
5ff787c9b00aa371eb1ab8cd 5ff787c9b00aa371eb1ab8cd 5ff787c9b00aa371eb1ab8cd 5ff787c9b00aa371eb1ab8cd 5ff787c9b00aa371eb1ab8cd

販売期間
2021/01/20 12:00 〜 2021/02/28 23:59

冬の贈物 ママンチュール三点セット

¥3,500 税込

送料についてはこちら

販売終了しました

クラッシックなママンチュール まずは栗とミルクと抹茶ミルクを3層にしたHozu  ままやの定番ママンチュールです。 あまり私は甘いママンチュールは作らないのですが、このママンチュールはミルクという液状を固形にしなければならなかったりで、濃厚なママンチュールとなっています。 栗も栗本来に濃厚な美味しさを持っていますので、濃厚な美味しさが冷えた身体をホットさせてくれるのではないかと思います。冬のママンチュールの王道です。 Very berry な いい予感ママンチュール 1月から2月まで出てくる、皮があまり苦くなくて優しい酸味の伊予柑にいろんなberryをあしらったママンチュールは名前の通り、いいことが起きそうな、今までの努力が実りそうな予感がする味のように思うのです。 受験を控えている人や卒業、就職、結婚を控えている人達に勇気を、こっそり与えてくれるようなママンチュールにしたいなと思って作っています。 Fain Day なママンチュール 辞書で確認のため調べてみたら、Fain dayという使い方はなくて、むしろGood Dayのほうが英語として正しいことがわかりました。 でもなぜ私がこのFainを使いたくなったのか、もう少し調べてみて合点がいきました。 私がこのFainで表現したかったのは、「Iwould fain to do」ということだったんだなと気がつきました。この文章の日本語訳は、「私は喜んでします!」とのこと・・この感じが林檎と青みかんの味のコントラストにぴったりなんです。 色合いも美しいし、みんなが知っているリンゴの味に青みかんがパンチをぐぐっと効かせてる感じが「自分の中からやってみましょう!」のエネルギーを感じるように思うのです。 この3種類(各85g)を今年の1月から2月にかけての冬の贈物 ママンチュールセットで販売いたします。 ここまで書いて気がつきました。私はママンチュール作りへのドラマを思い描くのが好きで、また思い入れが強すぎて、聞かせられている方にはご迷惑になっているかもしれません。どうぞ寛大なお気持ちでお許しください。